バディゴ!の男装娘といった美男とのダンサーカテゴリーが波乱だらけ

神様は生きるのがつらいは、心から女神が自分で死のうとしているシュールな立場から始まって、甚だ驚いてしまいました。どうも神様々の世界でもパーソンと共にずれ社会になっているみたいで、主人は閉じこもり等らしいですね。出雲へ宴へ向かう事が、名工の中に、たった1人で無職が紛れ込む感じですとか無理言っています。本当にこういう神様は生きるのがつらいみたいで困り果てているという、1人の女の子が事務所に倒れていました。女神は生け贄と思い違いしますが、ただの行き倒れだという回答に達します。しかし、制服女の子が神社に倒れているとか、何か原因がわかりませんね。女房が目を覚ますと、喋る獣という女神が近くにおけるという驚愕のケースですが、まるで驚く気配がありません。やっぱり、女神に対してリラックスの文句を発するくらいで、難問は深まっていく片方ですね。こういうこどもは野々宮春といって、近所で祖母といった暮らしていたけど、その祖母がなくなり1人になったみたいです。それで何でもするから神様の近くに対してほしいとか言う滅茶苦茶な事を言い出すわけです。無職な女神が、急きょ望ましい奥様と共に住むとか、ある意味羨ましいと思います。普通の父親なら、いきなり襲いかかってしまいそうなものですが、主人は神様とはいえ閉じこもりだけに、軽々と女の子の言うがままになる。それで野々宮春というこどもが中学というのも、少々びっくりしましたよ。女神が、勤め習得女の子を夫人にしたい上に、即却下されて落ち込むとかユーモアすぎだ。これ程貧弱女神だったら、他のスペシャル神様陣って会うのが不愉快のは当然ですよね。しかも、すぐに首を吊ろうとするとか、ずいぶん斬新な女神ですよ。これだけ面白かったら、読まないなんて代わりはありません。居候の女の子を夫人にするには、特に参拝ヒューマンを増やす必要があるからといって、あんまり違う路線に頑張る女神も笑えました。